ニュース

アーカイブ

自粛生活

スタッフブログ

4月から5月中のコロナ感染の緊急事態の状況で、自粛生活を余儀なくされ

その期間 又のないチャンスと思いわたくし結構忙しかったです。

保存食の作りに追われました。らっきょ6キロ 新ショウガ2キロ 梅6キロを、立派に仕上がりした。

DSC_0012.JPG

DSC_0015.JPG

DSC_0017.JPG

らっきょやショウガの甘酢漬け等の効用効果は、とにかく血液をさらさらにし、コレストロールの低下に効果があり疲労回復にも役立つのだそうです。その効果を信じて、毎年この時期作ることを日課としております。

 近所の方らかいただきた梅の塩漬けが終わり、紫蘇の葉が出回るのをまっています。

 そのほか 私たちが常日頃の日課としているのが、家庭菜園です。 ある一日の収穫物です。

DSC_0019.JPG

 昨年からインゲンの仲間でしょうか。 巾が1センチくらい平ぺったインゲンを「モロッコインゲン」という名称ですが、その名称があまりにもユニークなので、早速その由来を調べてみました。

 昭和51年ごろから日本で販売、栽培されたインゲンだそうです。原産地は、地中海で、モロッコではないそうですが、モロッコ付近が原産地であったこと、当時流行したモロッコを舞台にした「モロッコ」「カサブランカ」という映画にちなみ「モロッコインゲン」を商標登録したことによりの、この名で知られるようになったそうです。

普通のインゲンより柔らく、両側の筋がなくて料理のしやすく、胡麻和えなど最高です。食感もさわやかでおいしいです。