ニュース

アーカイブ

作業環境

スタッフブログ

社会人になってからなかなか趣味の絵に没頭する時間ができずにいたのですが、自粛期間中に机を購入したことをきっかけに再び始めようかと思い立ち、「給付金も入るし...」という気持ちで作業環境を整えてみました。

写真1.jpeg


5畳あるのかも怪しいマンションの一室ではいかにモノを最小限に収めるかが重要になってくるかと思います。
刺さっている文房具の多さから見て全く最小限にできていませんが、とりあえず机は小さめにしました。
アナログだったりPCだったりと色々なもので描いていましたが現在は写真のようにiPadで描くのがメインになっています。使い勝手は賛否両論ありますが、嵩張らないし消しカスも出ないので私のように趣味で描く程度の人にはとてもおすすめです。

写真2.jpeg


タブレットですと専用のペンで描いていても手が触れたところを感知されてしまうことがあるので、描くときはこの中途半端な手袋をつけて誤感知を防止します。
なんか玄人っぽいなと思い、形から入るオタクなので軽率に購入してみたのですが、普通に便利で助かっています。

写真3.jpeg


これはネット上で見つけた、iPadで絵を描くときの作業効率化の方法を真似たものです。
テンキーデバイスを購入し、好きなショートカットを設定して設定したところに100均で買ったシールを貼っていくだけなのですが...はちゃめちゃに作業が楽になりました。
デジタル環境でのお絵描きはショートカットキーをどれだけ使いこなせるかで効率がかなり変わる気がします。PCのときはキーボードがその役割をしていたのですが、iPadはその点が少し使いづらくなっており、どうしたものかと考えているときに見つけたテンキー活用法。君に出会えてよかった。

あとはもうちょっと良い椅子と肘用のクッションとかあるとすごくいいなと思っていますが、狭い部屋なので悩んでおります。

写真4.jpeg


一から始める気持ちで参考書も久しぶりに購入しました。
どれもおすすめなのですが、とくに真ん中の本は絵に興味がなくても、人体の構造や筋肉のつき方に興味があるなら見てるだけで面白いと思います!

コロナの感染者も再び増加傾向にあり、なんだかまた自粛ムードが漂う世間ですが、これを機に家の中でできる趣味を広げてみるのはいかがでしょうか。

個人部