ニュース

アーカイブ

牧場に行きたい

個人部

こんにちは
個人部の釘山です。

とくにイベントのない日々を送っているせいか、今まであげたブログの内容が全て室内だということに気づきました。
というわけで今回は外でいきたいと思います。

画像1.jpeg

最近、会社のお昼休みによく行く公園です。
徒歩10分くらい...やや歩きますが、5月中旬のこの時期は日差しもそこまで強くなく、風も気持ちいいのでお気に入りスポットとなっています。

青々と育った木の葉や、
ベンチで寛ぐおじいちゃん、
種類もよく分からない変な鳴き声の鳥、
体のいたるところにまとわりつく虫たちなど、
そんな景色をぼうっと眺めているだけで結構な気分転換になります。

画像2.jpeg

画像3.jpeg

この写真たちは何かと申し上げますと、ただの木漏れ日です。
大きな木の下に行くとたくさんの木漏れ日を見ることができます。
木漏れ日をよく観察していると、ところどころ小さな丸が密集したように見える部分があります。
小さい頃からこの形を不思議に思いつつ、調べるほどの熱意もなかったのですが、最近になって「ピンホール現象」という、ちゃんとした名前のある現象であることを知りました。
葉が茂っているところは光の通れる隙間が極端に小さくなるので、その隙間を通る光はなんやかんやで太陽の形をそのまま映すのだそうです。
にわかには信じられませんが、日食の時の木漏れ日はかけた形の光が密集したように出るそうです。見てみたいものです。

「こんなところで小説読んでたらなんか頭よさそうだな」という頭の悪そうな思いつきから小説を読み始めました。
児童向けのファンタジー小説ばかり読んでおりましたが、最近は村上龍の作品に手を出しています。
「限りなく透明に近いブルー」が超さわやか系青春ストーリーだと思っていた私はもういません。
小説というものの良さが分かってきた気がするので、もう少し読む幅を広げていきたいなと思う次第です。

とはいえ、やはり休憩時間はぼうっと過ごすのが一番最高に最高です。
大学時代、頻繁に新宿御苑の芝生へ昼寝に行っていたことを思い出し、今度からはレジャーシートを持っていこうかなと画策するOLでありました。