相続申告・法人税務・個人確定申告・財務改善などの問題に対応する東京・昭島市にある税理士事務所。中期経営計画を作成する将軍の日、自計化支援・MAS監査・後継者育成講座を行っています。

契約料金

契約料金

お客様の安心のために、高度なサービスと、適正な価格をご案内しています。

私たちが追求しているのは、価格ではなく、サービスの質です。
少しでも安い報酬をとお考えの方は、他事務所をおすすめいたします。
まずは下記の料金をご覧いただき、ご納得いただいてからご相談ください。

契約料金

相続税申告に関する税理士報酬

遺産総額
基本報酬額(消費税別)
1億5千万円未満の場合
遺産総額(1,000万未満切捨)× 1%
1億5千万円以上2億円未満の場合
140万円
2億円以上3億円未満の場合
180万円
3億円以上5億円未満の場合
遺産総額(1億円未満切捨)× 0.7%+50万円
5億円以上10億円未満の場合
遺産総額(1億円未満切捨)× 0.5%+160万円
10億円以上20億円未満の場合
遺産総額(1億円未満切捨)× 0.3%+360万円
20億円以上30億円未満の場合
遺産総額(1億円未満切捨)× 0.2%+560万円
30億円以上の場合
遺産総額(1億円未満切捨)× 0.1%+860万円
  • ①遺産総額とは小規模宅地の減額特例等各種特例適用前の金額(債務控除適用前)をいう
  • ②上記報酬には弁護士、司法書士、測量士、不動産鑑定士等の報酬は含まない
  • ③共同相続人が複数の場合は1人増やすごとに10万円を加算する(ただし遺産総額1億円以上の場合)

延納手続きを行なう場合の税理士報酬

1人10万円、複数の場合は1人増加するごとに5万円加算する

物納手続きを行なう場合の税理士報酬 (物納が却下された場合は返却いたします)

物納評価の3%(不動産の物納の場合)

農地の納税猶予手続きを行なう場合の税理士報酬

25万円~50万円
※広大地の評価(不動産鑑定士の報酬)
当初申告で行なう場合…1件につき50万円(税務否認を受けた場合は返却いたします)
更正の請求で行なう場合…還付された金額の14%(成功報酬です)

ページのTOPへ戻る

料金事例

共同相続人3人の場合の基本報酬の計算例

例1

遺産総額9千8百万円の場合

① 9,000万円×1% = 90万円(税別)

例2

遺産総額1億2千8百万円の場合

  • ①12,000万円×1% = 120万円(税別)
  • ② 共同相続人加算 10万円×2人 = 20万円
  • ③ ①+②= 140万円(税別)
例3

遺産総額1億9千万円の場合

  • ① 140万円
  • ② 共同相続人加算 10万円×2人 = 20万円
  • ③ ①+②= 160万円(税別)
例4

遺産総額8億8千万円の場合

  • ① 8億円×0.5%+160万円 = 560万円(税別)
  • ② 共同相続人加算 10万円×2人 = 20万円
  • ③ ①+②= 580万円(税別)

資産・相続についてのご相談は まずはこちらをご覧ください

ページのTOPへ戻る