相続申告・法人税務・個人確定申告・財務改善などの問題に対応する東京・昭島市にある税理士事務所。中期経営計画を作成する将軍の日、自計化支援・MAS監査・後継者育成講座を行っています。

スタッフブログ

月別記事一覧

2017.12.14

雨の日の美術館

こんにちは。入社して早くも1年が過ぎ2回目のブログとなりました、法人部の佐々木です。

先日あいにくの天候ではありましたが、公開から気になっていた「北斎とジャポニズム展」を見に国立西洋美術館に行ってきました。



印象派が日本の浮世絵にとても影響を受けたお話はあまりにも有名ですが、実際にどんな影響を受けてその作品が出来上がったのか興味があったので、とても楽しみにしていました。

実際の展示では影響を受けたとされる絵画のとなりに、その元になった日本画が展示されており確かに構図がそっくりで影響を受けたことが鮮明にわかる展示になっていました。

構図だけでなく色使いを模倣したポップなポスター等、いろんな形で日本の作風を取り入れているのがとてもよくわかる展示でした。

また日本画の人物を含めた生き物の躍動感における表現力は、当時のヨーロッパにはない表現だったようで、そこもまた楽しくみることができました。

海外の有名画家が日本の画風に魅力を感じて模倣した事実は、同じ日本人にとって純粋にとてもうれしく思いますね。

思っていたほど人が多くなかったのは、天候の悪さもあったでしょうが、有名画家の展覧会にしては代表作の展示が少なかった影響もあるかもしれません。
しかしながら面白いテーマの展覧だったと思います。


同日、東京都美術館では「ゴッホ展~巡りゆく日本の旅」と題された展示も開催されていたのでそちらものぞいてみましたが、こちらもやはりジャポニズムに影響をうけたゴッホがテーマの展示でした。



このゴッホ展に入館すると、「北斎とジャポニズム」の他にも、「怖い絵展」(上野の森美術館)と「皇室の彩」(東京藝術大学大学美術館)がそれぞれ割引になるそうなので、興味があれば割引を利用して複数入館するのもよさそうです。



当初「怖い絵展」にも足を運ぶ予定で出かけたのですが、びびりの私は恐怖に負けて今回は見送ってしまいました。
絵画に興味がある方はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

法人部

ページのTOPへ戻る